東金 ホームページ制作

WORDPRESS3.0.4とIE8でHTML編集画面で”飛ぶ”(泣)

投稿日:2011年01月23日(日) 09時02分 by eo カテゴリー:WORDPRESSのこと, ネットのこと?とか.

WORDPRESSが3.0.4になってからかな?IE8での組み合わせですと、HTMLの編集画面で、編集中の部分が、編集窓の一番下に飛ぶ不具合が出ますよね。

テーマのCSSなんかをいじってる時も、めっちゃめちゃな挙動しますよね。ほとほと困ります。

これ、めっちゃウザくないですか?なんか解決方法無いものでしょうか。

FIREFOXでもChromeでも、その不具合は出ないので・・・あぁまたいつものIEのバグか~・・・(泣)という感じですけど、ほんとウザイですよね~IE。

んじゃあ試しに、IE9でも入れてみっか・・・と思ったら、IE9は、XPに入れられないとさ・・・ハハハ。やれやれ、ほんっとマイクロソフトってやつは・・・

(・・・っと思ったら、この問題は、IE8の「ツール」-「互換表示設定」-「互換表示で全てのWEBサイトを表示する」・・・・で、直ることが分かりました・・・)

・・・・ちなみに、OSのシェアは・・・2010年12月の時点で・・・

世界OSシェア
OS 12月 11月 10月 9月 8月
Windows XP 56.72% 57.88% 58.92% 60.03% 60.89%
Windows 7 20.87% 19.69% 18.33% 17.10% 15.87%
Windows Vista 12.11% 12.62% 12.93% 13.35% 14.00%
Mac OS X 10.6 3.05% 2.93% 2.80% 2.72% 2.59%

・・・っちゅーことらしいんだけど・・・8月から12月でもXPのシェアが4%しか減っていないのがウケル(笑)。

Vistaと7をあわせても、XPに勝っていない・・・ってのが、またウケル(笑)。

少しでも、7に移行させよう・・・ってことなんだろうけど、これで、ながいながいIEの歴史は終わるのかも知れませんね~。

・・・では、ブラウザのシェアはどうなのか?・・・ちょっと調べてみると・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米MicrosoftのInternet Explorer(IE)が欧州のWebブラウザ市場で初めて2位に転落した。
アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterが1月4日(現地時間)に発表した
2010年12月のWebブラウザ市場に関する調査結果で明らかになった。

IEに代わって首位に立ったのはMozillaのFirefox。Firefoxは38.11%、IEは37.52%と
その差はわずか0.59ポイントだ。
Firefoxのシェアは前月からほぼ横ばいであり、今回の首位逆転は
米GoogleのGoogle ChromeがIEからシェアを奪ったことが貢献しているといえる。
IEのシェアは前月より1.39ポイント落ちており、Google Chromeのシェアは
1.49ポイント増の14.58%だった。

世界全体ではIEはシェアを落とし続けてはいるが46.94%で依然1位。
2位のFirefoxが30.76%、3位のGoogle Chromeが14.85%。
欧州でIEがシェアを落とした原因の1つとして、Microsoftが欧州委員会との合意で
2010年3月から開始した「Webブラウザ選択画面」ソフトの提供の影響があると
StatCounterはみている。

StatCounterの世界Webブラウザ市場の分析データは、300万以上のWebサイトから
収集した月間150億以上のページビューに基づいているという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・だそうです。

ヨーロッパでは、とうとうFIREFOXがIEを抜いたんですね~。時代は移り行くものですね~(笑)。

XPのシェアは、未だに50%以上。しかしIE9はXPでは”使わせず(笑)”・・・そりゃあこうなるのも、当然の帰結のような気がするけどな~・・・。まぁいいけど(笑)。

よろしければコチラの記事もどうぞ


RSS Feed   Trackback URL  Add comment   Edit Page FACEBOOK Twitterに投稿する Yahoo!ブックマーク GOOGLEブックマーク はてなブックマーク お気に入りに登録



FACEBOOKへコメントはこちら

コメントをどうぞ!



CAPTCHA