東金 ホームページ制作

iijmioのnanoSIM

投稿日:2013年03月12日(火) 09時54分 by eo カテゴリー:androidのこと, PCのこととか, ネットのこと?とか.

B-mobileのSIMの期限が切れたので、いろいろ調べて、次はネット上の評判の良いiijmioにしてみました。

使っているスマホは古いので、標準の大きさのSIMカードなのですが、MicroSIMも通り越して、nanoSIMというさらに小さなSIMカードがあって(今のところnanoSIMはiphone5でしか採用されていないらしいけど、、、、)

カードの大きさは違えど、使えるみたいなので、将来を見越して?一応nanoSIMにしてみました。

しかしnanoSIMの場合、人気?ゆえにちょっと到着が遅れる・・・とのことで、確かに、注文後SIMカードの到着は6日後でした。

iijmioのnanosim (1)

こんなカンジ。公式サイトの色気の無さからは想像もつかない、オシャレなパッケージ(笑)。

iijmioのnanosim (2)

丸い部分の中身を開くと、SIMカードが入ってます。

iijmioのnanosim (3)

小さい~!

iijmioのnanosim (4)

標準サイズのSIMカードと並べてみます。

iijmioのnanosim (5)

こんなカンジ。めっちゃ小さい。端子の部分も小さくなっていることが分かります。

iijmioのnanosim (6)

MicroSIMも加えてみました。MicroSIMは、端子部分は同じですので、標準サイズのSIMからMicroSIMにしたい場合は、ハサミで切るだけで簡単にOKですが、nanoSIMサイズにするには、そうはいかないみたいですね。

iijmioのnanosim (7)

さて、逆に、nanoSIMを標準サイズにしたいので、アダプターも数百円で売っているみたいですが、とりあえず自作です(笑)。

カードがくっついてきた、余分な部分をつかいます。

標準サイズのカードを角に合わせて、ボールペンで線を引きました。

iijmioのnanosim (8)

じゃじゃ~~~~ん!!!(汗)(汗)(汗)

どーですか、このクオリティー(汗)。かなりエエカゲン(笑)

(とりあえず、使えればOKってことで・・・(汗))

・・・ちなみに、nanoSIMは、厚さもほんのちょっとだけ薄いみたいですが、実際はマシンにそのまま入れて、楊枝などを使って位置を合わせればそのまま使えます。

これはMicroSIMでも、同じように標準のSIMのスロットに入れて位置を合わせればそのまま使えるのですが、nanoSIMの場合は、若干厚みが薄いみたいですので、ちょっとした衝撃?などで、もしもSIMカードがずれたりして使えなくなったりしたら、位置を直すのも煩わしいので、やっぱりアダプターみたいなものはあった方がいいのかも。

(実際はまぁそのままでも、自分のマシンの場合は、スロットの中で動くカンジでもなかったですが・・・)

iijmioのnanosim (9)

こんなカンジ(汗)(汗)(汗)我ながら、ウケル(笑)

iijmioのnanosim (10)

入れてみます。ちょっとキツイので、ハサミで微調整(笑)。

iijmioのnanosim (11)

無事入りました。もちろん認識も、まったく問題ないっす。

・・・さて、肝心の、iijmioの使い心地ですが・・・

ん~!やっぱり、ぜんぜんイイカンジですよ~!(あえて詳しくは書きません(汗))

・・・しかし一方・・・極めて残念!なのが・・・

テザリングが出来なくなってしまいました(泣)

rootももちろん取得済みで、諸先輩がたのネット上の知識をフル動因しても、どーしても出来ませんでした。

・・・しかたがなく、今更 Easy tether (USBで有線)を使ってならいけたので、しばらくはそれで様子を見ることになりそうですが(汗)

(iijmio でのやり方などなどもけっこう出てきますが、自分の場合だめでした。どーやっても、wi-fiアクセスポイントをONにすると、3Gが消えてしまいます(泣))

新しいSIMになって、何かしらのブロックがされているように思えます。

しかしまぁ、それでも、iijmio ”いい”ので、許せちゃいます。

 

よろしければコチラの記事もどうぞ


RSS Feed   Trackback URL  Add comment   Edit Page FACEBOOK Twitterに投稿する Yahoo!ブックマーク GOOGLEブックマーク はてなブックマーク お気に入りに登録



FACEBOOKへコメントはこちら

コメントをどうぞ!



CAPTCHA