東金 ホームページ制作

amazonは40円でも送料無料?!

投稿日:2013年03月06日(水) 09時46分 by eo カテゴリー:ネットのこと?とか.

amazon

スマホのb-mobileのSIMカードの期限が切れたので、いろいろ調べた結果、次は、同じ激安SIMの中でも比較的評判の良い、iijmioにしてみました(SIMカード到着待ち)

現在SIMカードのサイズには、普通サイズ?、MicroSIM、とさらにnanoSIMとあり、現状nanoSIMは、iphone5でしか採用されていないみたいなんですけど・・・

まぁ一応将来を見据えて?nanoSIMにしてみました。(2年後とかでも同じSIMカードを使っている可能性はあり、2年後はにマシンを乗り換える時には、nanoSIMがスタンダードになっている可能性がありますからねー。)

・・・ちなみに、現在使っているマシンは、古い標準サイズSIMのスマホなんですが、スマホのSIMカードは、標準サイズのスロットに、MicroSIMを入れて、端子の位置を合わせれば使えます。

さらに、nanoSIMは、若干厚さが薄いらしいんですけど、同じく端子の位置を合わせれば使えます。

そうなると、世の中”SIMカード”のアダプターというのが、存在する訳です(笑)。

例えば、マイクロSIMを標準サイズのSIMのマシンで使いたい場合、アダプターにはめて、SIMの大きさを合わせてつためにハメこんで使う・・・みたいなものですね。nanoSIMでも同じです。

数百円で買えたりしますので、amazonで見ていたのですが・・・

・・・やっと今回の本題!amazonで見つけたんですが、MicroSIMから標準サイズに変換するアダプターなので、欲しいものとは違うのですが、、、、

・・・・40円!・・・・

な訳ですよ(笑)。

そして、送料無料!・・・すごいamazon。すごすぎる。

どう考えても赤字じゃん。

楽○などをぶっ潰してやろう・・・ってことなのかな?

最近のamazonは、気合が違いますよね。

1~2年前までは、そもそもサイトがイマイチ使いにくいし(今でも使いやすい訳でもないと思うけど・・・)オンラインショッピングとしては、私としては、ほっとんど出番のなかったamazonですが・・・

ここ最近は、そーとー利用しています。

オンラインショッピングなんて、ハンドメイド?またはそこでしか売っていない食品などではない、例えば家電関係?など、どこで買っても同じものは、ぶっちゃけ”値段と送料”のみが、店を選択する上での唯一の条件なわけで・・・(笑)

私の場合、何かしらの買い物をする時は、リサーチするのが面白いので色々なところを調べてみるのですが・・・

送料も含めて、楽天(の店)が安ければ楽天、YAHOO!ショッピング(の店)が安ければそちらで、amazonが安ければamazonで・・・

さらには、一般の?小売店などのHPの方が安ければそこにしたり・・・と、買い物のたびにコロコロ変えます。

・・・したがいまして、結果的に最近よく注文をするamazonは、いかに他より安いか・・・ということが分かります(もちろん、物にもよりますが・・・)

しかもamazonは、直販のものはほとんどのものが送料無料ですので、例えば、500円のものを買って送料600円・・・なんていう、なんだかしょ~~もない状態になる(泣)・・・ということも無いことが多いので、気楽に買い物ができます。

(500円など小額の買い物でも送料無料というのは、楽天やYAHOOでは、ほっとんどありません(楽天やYAHOOは、実際は一般の小売店に対して、いわゆる”軒を貸している”というだけのことですので、一般の小売店それぞれのお店としては、そこまで送料を圧縮することはできませんからーー。))

・・・おそるべし、amazon(笑)。とうとう40円の商品でも、送料無料ですかー(笑)。

ある意味、ネット上の一般の小売店・オンラインショップが、勝てる訳が無い(笑)。

・・・大型ショッピングモールが街にやってきて、既存の小売店がつぶれていく・・・という構図は、ネット上でも、まったく同じように進行中です。

よろしければコチラの記事もどうぞ


RSS Feed   Trackback URL  Add comment   Edit Page FACEBOOK Twitterに投稿する Yahoo!ブックマーク GOOGLEブックマーク はてなブックマーク お気に入りに登録



FACEBOOKへコメントはこちら

コメントをどうぞ!



CAPTCHA