東金 ホームページ制作

古~い!デジカメSANYOのMZ3

投稿日:2009年10月06日(火) 13時43分 by eo カテゴリー:PCのこととか.

先日、女房殿の兄から、SANYOのMZ3という、めちゃ古いデジカメを頂きました。

SANYO MZ3

コンデジは、レンズのスライドカバーでの電源のON。クレードルでの充電およびPCへのデータの取り込み・・・という希望を満たしていた、CASIOのEX-V7というものを最近まで使っていたのですが、どうにもこうにもCASIO・・・(怒)。どうしょうもないメーカーですね。本当にどうしようもないくらい使えないカメラでした。そういった意味で驚きでした。

(買って一ヶ月で、「エラー」が出て使えなくなる。ネットで調べると、良くあることのようでこれはもうリコールでしょう・・・という内容なのに、修理を依頼すると「送料はそちら持ち」・・・とか言ってる。馬鹿かと(笑)。「えぇ~!買って一ヶ月でそりゃ~ないっしょ~!」・・・と言うと、送料は向こう持ちになりましたが、それなら初めから持てよ。(デジカメは超精密機械であることを知っています&壊れるのは残念かつメンドイので、めちゃめちゃ大切に使っていました。SONYは、すんげ~古いデジカメでもリコール出したら、ちゃんと往復送料持ってくれたぞ。(SONYも嫌いだけど(笑))。更に、室内では使い物にならないくらい(・・・”くらい”というか使い物にならないです(断言))文字通り”暗い!”。本当にヒドイです。レンズカバーのスライドによって、レンズが「引っ込んでいる」から暗い・・・ということは理解できますが、それにしても到底実用レベルのものではありません。そんなことは分かっていたが、最近のデジカメですから、当然それくらいのことは考えられているものと信用して買ったのが馬鹿でした。90年代のデジカメレベルです。少しでも暗いところではぜんぜんピントが合わず、シャッターすらおりません。写ってもノイズがヒドイ。ひとつの被写体を撮るのに、なんとかまともに見れるようになるまで、設定をあっちこっち変えて撮る、ゆえに、後から、画像の取捨選択が非常に面倒(それでもまともに撮れていない(泣))。

こんな商品世に出して、恥ずかしくないのかな~?更に更に、キー設定を保存が非常にやりにくい、または保存されない項目があり、ヒジョ~~~ニ使いにくい。携帯のカメラじゃないんだから。ヒドイところ使いにくいところを上げれば切が無い。残念ながら「良いところ」が、ひとつも見つけられない。私は普段、「物をめちゃくちゃ大切にする方」なので、壊れても、それなりに何とか粘ったり、情報を集めたり・・・と納得がいくまで散々やるのですが・・・買った当初からこのEX-V7については不満だらけでしたので愛着が持てず、ぜんぜんそんな気になれません。まったく愛着がありません。

・・・さて、そんな”まったく使えないマシン”EX-V7ですが、先日旅行途中で、いきなり、本当に何もしてないのに(つい5分前までは使えた)壊れました。液晶が写りません。バックライト?・・・とも思いきや、撮影もされていないようですので、完全に逝ったかと・・・あぁ~あ、よりによって旅行の途中で・・・やってくれるよな~CASIOマシン・・・G-SHOCK?馬鹿かと。子供のおもちゃじゃね~か・・・。使用期間は2年くらい?です。

・・・さて、更に文句が続いてしまって恐縮ですが・・・(汗)・・・誰か様の、何かしらの情報源にはなるか?とも思うので続けます。

はからずも、特に気にせず、同時期に購入した携帯。W53CAという、やはりCASIOの携帯を使っています。携帯は仕事でもプライベートでもほとんど使いませんので、ある意味どうでも良いのですが、カシオのデジカメブランド”EXILIM”を冠した500万画素を謳っている携帯ですので、MicroSDの2GBでも入れておけば、緊急避難のカメラ?としてでも使えるかな?・・・と思っておりました。

まさに、はからずも、旅行の途中で壊れたカメラの代わりに、活躍しました(笑)。液晶が”くる!”っと回って、まさに見た目・使い方は「デジカメ」と同じように使える物でしたので、ある意味AUを解約しても、サブデジカメとして使える?・・・などとももくろんでいましたが・・・やっぱりダメです(まぁ所詮携帯なので、そこまでの期待もありませんでしたが・・・)

まず、撮影の設定項目は、まったく保存できない。これだけでもう実用のデジカメとしては、まったく使えません。しかも、マクロモードにするにも、ボタン操作がすげ~面倒。ほとほとどうしょうもないです。なんで?とききたい。「これで”使えるレベル”のものだと思っているのですか?」・・・しつこいようですが、自分は物を所有したらめちゃめちゃ大事にして使い倒す方なので、とても残念です。

画質も、「はぁ、500万画素ですか。」・・・というレベルですね。ノイズがヒドイ。色味が変。画質のイマイチ感は、EX-V7となんとなく共通するものがあります。やっぱり所詮「計算機メーカー」ということなのでしょうか。とにかくデジカメは「得意でない」・・・ことは明らかかと思います。

・・・本当に、どうしょうもないもの、作りますね。カシオの社員の皆様は、デジカメにしろ携帯にしろ、プライベートでは自社の製品は使っていないと見た・・・(笑)。

一方、最新のTVCMなどでは、モナリザの上に動画を乗せられる・・・だとか、1秒30コマ撮れる!・・・だとか謳っていますが、両方「いらね~・・・」って感じですよね。・・・なるほど、そういうことか・・・と、なんだか納得するものがあります。派手な機能、CMで目を引くけど、実際、内実は、すげ~使いにくかったり、耐久性にかなり問題があったりと、実は「ユーザーの視点・ユーザーのメリット・・・という側にはあまり立っていない企業(売れれば良い)」・・・というような臭いを、私は感じますね。・・・そんなことより、何より重要な、画質、使い易さ、耐久性等の”基本的機能”を向上してもらいたいものです。(しつこいようですが、めちゃめちゃ大事に使っていたんですって!女房殿が煙たがるくらい(笑)!)

私は、CASIOの敵対企業の回し者でもなんでもありませんが、、、(笑)、、、もう二度と、カシオの製品は、我が家の敷居をまたがせないと、心に決めました。(・・・むか~~~し使っていたキーボード(音楽の)とか、良い製品あったんだけどな~・・・まことに残念ですが、さようならです。)

?

・・・さてさて、カシオ社にたいする文句で、ひじょ~~に長くなってしまいましたが、、、お次はSANYOです(笑)。

SANYO社のデジカメ(古いの)は、知っている方には”なぜか名機”が多いことが知られています。(不思議ですよね。今ではある意味二流?三流?の家電メーカーなのに・・・)

私も、はるか昔、たまたま手に入れたSX550から始まって、SX560(二台)、MZ2(これは操作は使いにくかったですが画質はOK)と、気づけば4台使っていました。

上記、これらのマシンは、「電池カバーのフタ」が弱いことがお約束で、上記の4台すべて、”爪”が折れました(笑)。・・・弱いのを知っているので、大事に大事に使いましたがそれでも必ず(?)折れます。

しかしそんなのは、輪ゴムで止めたり?して(笑)、適当に使ってきました(それでも画質に問題がなかったので、買い換えるのを躊躇していました。ふる~いFUJIFILMのデジカメなどは、やっぱり暗くてどうしょうもない・・・ということも知っていましたし、そういった意味で”買って見なければわからない”ので、メーカーを変えるのを躊躇していました。。。)

そんなアホみたいな使い方でも、なんせ画質に文句がないので、メリットがデメリットを上回っていたので、満足して使っていました。そんなマシン達も、散々使い倒して、だんだんと壊れていきました(本当に散々使いましたので、不満はありません)。

・・・そして2007年に、さすがに年月が過ぎたので、どこのメーカーを買っても、ある程度の水準以上のクオリティーはあるだろう・・・と、何の疑いもなく、上記のCASIOを買いましたが、これが上述の通り、大失敗!・・・そんなものなのですね。デジカメって・・・(泣)。

・・・さてそこで考えました。やっぱりSANYOか・・・?と。・・・しかし最近のSANYOのデジカメは、なんで?なんで?なんで、全部ガングリップ(?)タイプ・・・なのでしょうか?なんで?・・・本当に、まったく分かりません。ニーズあるのでしょうか??・・・それがすげ~残念。かっこ悪すぎ。かつ、量販店の売り場で実際手にしましたが、手の大きな私には、操作しづら過ぎ!・・・手に持って、操作したカンジが、まったくしっくり来ません。

・・・はぁ~・・・やれやれ、何を買ったら良いのやら・・・こうなったら、古~いSANYOでもまた買うか?・・・ということでヤフオクを物色。色々調べると、MZ3が、今でもけっこうな人気みたいで、200万画素のカメラなのに、8000円!とかしてることに驚き。(一流メーカーの800万画素のものとか、量販店で9800円とかでも売っていますよね)

しかしさすがに古い、デカイ、SDではなくCFだ・・・しかも、そんなに安くも無い(笑)・・・ということで、後継機(?)のJ4(400万画素。スライドカバー、SDなので良いカンジ。しかもけっこ小さい(?))を、ヤフオクのアラートに入れましたが、、、、

ん~・・・やはり、J4も、けっこう名機?とか言われているせいでしょうか。中古の弾が、ぜんぜんありません。出品されないんです。

・・・たぶん”使っている”のでしょうね。以前SANYOマシンを長く使いましたから、「別にこれで良い・・・」という気持ちが分かる気がします。

・・・さて、そんなこんなで、どうしよう・・・と思っていた矢先、女房殿の兄とたまたまそんな話しになった時に、小学3年生のオモチャになっていた古いデジカメがあるからあげるよ・・・という話しになり、出てきたのがMZ3だったので、驚きました(笑)。

「おぁ!MZ3だ!これがMZ3か!!」・・・声を上げたのは言うまでもありません(200万画素のデジカメに(笑))

早速、充電して、撮影してみます。・・・ん~・・・良いカンジ。夜で室内の人物撮影でのフラッシュなんかめちゃ自然な感じで、改めて驚きます。MZ3の発売から5年以上経っているであろうEX-V7なんて、室内の人物・フラッシュ撮影では、人物のみ浮き上がって後ろは真っ暗闇。昔の「写るんです」ですかぁ~~??・・・ってカンジだったのに~!!(かと言って、フラッシュ無しにすると、シャッターまったくおりない。撮れても全て当然ブレブレ、めちゃくちゃです。。。(笑))

新しいデジカメを買っても、またカシオと同じような目にあるのはウンザリですので・・・(笑)、MZ3、デカイし、CFだし、液晶ちっこいし、バッテリー充電”出さないと”いけないけど、しばらくはこれでねばってみようと思っています。

(コンデジで、どこかしら良いメーカー、「このメーカーならハズレはまずないよ!」というメーカーがあったら、ぜひ教えてください!)

よろしければコチラの記事もどうぞ


RSS Feed   Trackback URL  Add comment   Edit Page FACEBOOK Twitterに投稿する Yahoo!ブックマーク GOOGLEブックマーク はてなブックマーク お気に入りに登録



FACEBOOKへコメントはこちら

コメントをどうぞ!



CAPTCHA